はじめに

オンラインの GDevelop か デスクトップバージョンをダウンロードしてください

GDevelopをダウンロードしたら、インストーラーを開いてソフトウェアをインストールします。

  • Windowsマシンでは、インストーラーの実行後に、 デスクトップのGDevelopアイコンで起動することができます。 また、インストール用ファイル(例えばZIP形式)を展開して、任意のフォルダに入れることでもインストールできます。
  • MacOSでは、DMGファイルを実行した後に、 GDevelop を アプリケーションに移動し、アプリケーションフォルダ から GDevelop を起動できます。
  • Linuxでは、 アーカイブファイルを 展開 して、実行ファイルを起動できます。

アプリケーションが起動すると、スタートページが表示されます。スタートページでは、既存のプロジェクトを開いたり、新しいプロジェクトを作成したりできます。

新しいプロジェクトを作成する

新しいプロジェクトを作成するには、スタートページで関連するオプションを選択します。

新しいウィンドウが開きます。オプションのリストが表示され、テンプレート/サンプルから選択したり、空のプロジェクトを作成したりできます。サンプルでは特定の機能の使用方法を示していますが、テンプレートはより高度なゲームもあり、実行したり参考にしたり修正もできます。

空のプロジェクトを選択すると、アセット、イベント、またはシーンは含まれません - 完全に空のゲームテンプレートです。

ウィンドウの下部で、新しく作成したプロジェクトを保存する場所を選択できます。

プロジェクトの保存の場所を選択したら、初期テンプレートまたはサンプルゲームの名前をクリックしてゲームを開きます。

保存してあるプロジェクトを再度開く場合

既存のプロジェクトを再度開くには、スタートページで関連するオプションを選択します。

次に、ローカルのファイルシステムを参照してプロジェクトを開きます。GDevelop5プロジェクトファイルは、通常「.json」ファイルとして保存されています。ファイルメニューを開いて保存したファイルを見つけ、選択してゲームを開きます。

このファイルのアイコンは、“.json”ファイルを編集するためのデフォルトアプリケーションがコンピューターにインストールされているかどうかによって形が異なります。

ゲームの.jsonファイルは通常以下の場所に保存されます:
  • Windows: C:¥Users¥ユーザー名¥GDevelop Projects
  • macOS と Linux: ホームフォルダの GDevelop Projects ディレクトリ

プロジェクトを開くと、初めてゲームを作成する時に見たように、Gdevelopエディターが表示されます。

Note: GDevelop 4 ユーザーは、 プロジェクトを保存してGDevelop 5で開く方法を学ぶことができます。

次のステップ:チュートリアルから始める

次の 基本的なゲーム作りの考え方 に進んで下さい。

チュートリアルとドキュメントは、学ぶための最良の方法です。 チュートリアルを読み進めることを強くお勧めします!

GDevelop をもっと知るには

GDevelopの使用方法については、詳細が説明されている次のページを参照してください。:

サンプル

GDevelopに付属しているすべてのサンプルプログラムを確認してください!これらは、ソフトウェアのさまざまな機能について学ぶ良い方法です。