スプライトオブジェクト

スプライトオブジェクトは、GDevelopで最もよく使用されるオブジェクトです。

スプライトオブジェクトを使用すると、画像を表示したり、一連の画像をアニメーションとして再生したりできます。ボタン、キャラクター、プラットフォームなど、ゲーム内の多くのものに使用できます。画像で表現できるものはすべて、スプライトオブジェクトにすることができます。

スプライトオブジェクトの作成

シーンにスプライトを追加するには、オブジェクトリストの右下にあるクリックしてオブジェクトを追加オプションを選択します。

新しいパネルが開き、GDevelopで使用可能なさまざまなタイプのオブジェクトが表示されます。

一覧から「スプライト」を選択して、ゲームシーンに新しいスプライトオブジェクトを作成します。

この選択により、オブジェクトのプロパティウィンドウが開きます。このウィンドウには、スプライトオブジェクトのプロパティがいくつか表示されます。

アニメーションの追加

アニメーションを使用すると、1つまたは一連の画像をスプライトオブジェクトに追加できます。アニメーションを追加するには、アニメーションの追加ボタンをクリックします。

これにより、現在のダイアログボックスが展開され、設定可能なさまざまなオプションが表示されます。

アニメーションに画像を追加する

「+」記号をクリックして、オブジェクトのアニメーションに画像を追加できます。

これにより、ファイルエクスプローラが開き、ファイルを参照して、アニメーションに適した画像を選択できます。画像を選択すると、ウィンドウに画像が表示されます。

衝突とポイント

ダイアログの下部にある[ヒットボックスの編集]を使用して、スプライトの衝突領域をカスタマイズできます。これで、衝突時に考慮される領域(当たり判定の領域)を設定できます。 詳しくは、衝突のマスク範囲についてを参照して下さい。

[ヒットボックスの編集]オプションの横に、スプライトプロパティダイアログの下部に[ポイントの編集]オプションがあります。このオプションを使用すると、オブジェクトの追加の参照ポイントを使用できます。これらの参照ポイントは、必要なときにイベントで使用できます。詳しくは、スプライトのポイントについてを参照して下さい。

複数のアニメーションを追加する

オブジェクトには、複数のアニメーションが必要な場合があります。アニメーションを追加するには、最初に行ったのと同じ方法で「アニメーションを追加」ボタンをクリックします。この機能により、さまざまなアニメーションを簡単に分離できます。

イベントを使用してアニメーションを切り替えることができます。

アニメーションに名前を付ける

ウィンドウのアニメーションセクションの上部で、「アニメーション#」の横にフィールドが表示され、グレーの「オプションのアニメーション名」が表示されていあす。アニメーションの名前を入力するには、フィールドをクリックして名前を入力します。

複数のアニメーションを持つオブジェクトでは、名前のないアニメーションを区別するのが難しい場合があります。複数のアニメーションを持つオブジェクトには、アニメーション名を使用することをお勧めします。 名前を入力しない場合は、アニメーション番号を使用してこのアニメーションを参照する必要があります。

アニメーションに複数の画像を追加する

アニメーションに複数の画像を追加するには、エクスプローラーからすべての画像を選択して、アニメーションに追加します。

画像は表示と同じ順序で再生されます。

アニメーションを繰り返す

デフォルトでは、すべてのアニメーションは1回だけ再生されます。つまり、アニメーションは最後のフレームが終了するとすぐに停止します。アニメーションを繰り返すために、アニメーションを「ループ」できます。繰り返しアイコンをクリックして、アニメーションを「ループ」に設定できます。

アニメーションがループするように設定されると、連続して再生されます。

アニメーション時間を設定する

アニメーションの速度は、時計アイコンの値を変更することで設定できます。

フィールドに入力される値は、2つの連続するフレーム間の経過時間です。デフォルト値は0.08秒です。速い再生には短いアニメーション時間を使用し、遅い再生には長いアニメーション時間を使用します。

オブジェクトへの名前付け

ダイアログの上部の[オブジェクト名]フィールドにオブジェクトの名前が表示されます。オブジェクトの名前は通常、オブジェクトの内容を表すように設定し、他のスプライトと区別しやすくします。

シーンにオブジェクトを追加する

スプライトオブジェクトをシーンに追加するには、選択してシーン内をクリックし、オブジェクトのインスタンスをシーンに追加します。

これで新しいスプライトは完成しましたが、ゲームシーンに追加する必要があります。[オブジェクト]リストで新しいスプライトをクリックします。次に、スプ​​ライトを追加するシーンをクリックします。これで、スプライトがシーンに追加されます。スプライトの複数の「インスタンス」をゲーム画面に追加できます。最初のスプライトを追加するプロセスを繰り返します。

イベントで複数のアニメーションを使用する

それぞれ独自の画像セットを持つ複数のアニメーションを作成した後、イベントを使用してアニメーションを切り替えることができます。アニメーション時間を0〜1に設定すると、イベントを使用するときにアクティブになります。

マイナスのアニメーション時間を使用すると、イベントアクションが無効になります。 マイナスの値を使用しないでください

オブジェクトに複数のアニメーションを設定した場合、イベントタブを使用して「アニメーションを(名前で)変更する」ことができます。これは、条件の「アクションの追加」セクションで制御されます。「条件の追加」セクションで使用されている条件が真であるときはいつでも、正しいアニメーションに切り替えることができます。

前述のとおり、オブジェクト内の複数のアニメーションにアニメーション名を使用して、それらを簡単に区別します。

アニメーション名を使用してアニメーションを変更するアクションを追加するには、「アニメーションを名前で変更する」条件を選択します。

次に、その名前を引用符で囲んで「アニメーション名」フィールドに入れます。

イベントの詳細については チュートリアルを参照して下さい。

やってみよう! 🎮
画像をクリックすると、オンラインでサンプルが実行できます