テキスト入力オブジェクト

テキスト入力オブジェクトは、ユーザー入力をキャプチャしてメモリに保存します。このオブジェクトを使用して、テキスト入力フィールドをシミュレートできます。たとえば、テキストエントリオブジェクトを使用して、ゲームのプレイヤーが自分の名前やその他の情報を入力できる方法を提供できます。

テキスト入力オブジェクトの追加

オブジェクトエディタリストから新しいオブジェクトを作成した後、表示された選択肢リストから[テキスト入力]を選択します。

テキスト入力オブジェクトの名前を好きな名前に変更します。テキスト入力オブジェクトをシーンに追加します。

これで、シーンのプレビューを実行すると、押したすべてのキーがオブジェクトにキャプチャされ、メモリに保存されます。メモリから値を読み取るには、次のような式を使用する必要がありますTextEntry.String()(以下の例を参照)。

テキストオブジェクトを使用して値を表示する

最初に、テキストオブジェクトをシーンに追加します。次に、Textオブジェクトのコンテンツを変更するイベントを追加します。

テキストの新しいコンテンツである最後のパラメーターには、上記の式を使用します。

入力は、テキストエントリオブジェクトの名前にする必要があります。これをテキスト入力オブジェクトの名前に置き換える必要があります。

シーンのプレビューを実行する場合。入力を開始すると、入力した内容がテキストオブジェクトに表示されます。

イベントを使用して、「テキスト入力」オブジェクトを有効または無効にすることができます。また、イベントを使用すると、テキスト入力をキャプチャするタイミングと、テキスト入力をキャプチャしないタイミングを制御できます。

やってみよう! 🎮
サンプルをオンラインで実行できます