ビデオオブジェクト

ビデオオブジェクトは、画面にビデオを表示します。ゲームのカットシーンに最適です。

ビデオファイルは短いビデオでも非常に重いため、ゲームのダウンロードと起動に時間がかかります。適切な圧縮を使用し、ビデオの長さをできるだけ制限してください。
ビデオを再生する前に、プレーヤーが最初にゲームと対話していることを確認する必要があります(ビデオのロックを解除するには、画面上の単純なクリック/タッチで問題ありません)

ビデオは、タイミング、状態(再生/一時停止)、音量…などのイベントを使用して制御できます。

ビデオの追加

新しいオブジェクトを作成するときは、「実験オブジェクトを表示」ボタンをクリックして、「ビデオ」を選択します。

オブジェクトが作成されると、エディターが表示されます。

ビデオファイルの選択

[ビデオリソース]フィールドをクリックしてから、[新しいビデオファイルを選択]をクリックします。ほとんどのブラウザとの互換性については、ビデオ形式に関する以下のアドバイスに従ってください。

ファイルは、次のようにエンコードされた.mp4形式である必要があります 。
  • H264 ビデオ,
  • AAC オーディオ.

以下も選択できます。

  • ビデオのループ:ビデオが最後に達したときにループする場合
  • 透明度 : 0(完全に透明)〜255(不透明-デフォルト)
  • 音量 : 0(サイレント)から100(最大ボリューム-デフォルト)
以下のすべての条件とアクションは、ビデオカテゴリ内の条件とアクションを参照します。

ビデオの長さ

「長さ」条件はビデオの長さをテストします。

ビデオの終わり

ビデオが終わりに達したときにアクションを実行するには、「Is ended」条件が使用されます。この条件は、ビデオからゲームプレイなどに切り替えるために使用される場合があります。

ビデオの再生時間

ゲームプレイ中にビデオが再生されると、「ビデオをスキップ」の有効化や「ゲームの保存」ダイアログのポップなどのアクションについて、ビデオの現在の時刻を確認する必要がある場合があります。これは、「Current time」テスト条件を使用して実現できます。

「Set time」アクション を使用して、ビデオ内の時間にスキップすることもできます。アクションに対応する条件が真であるときはいつでも、入力された時間とに応じてビデオは時間にスキップし「Modification's sign」します。

ビデオの透明度

透明度は、ビデオの透明度の尺度です。透明度の条件が255を返す場合、ビデオがまったく透明ではないことを意味し、0を返す場合、完全に透明です。ビデオのデフォルトの透明度は255です。

透明度の設定アクション を使用して、ビデオの透明度を設定できます。最大にするには、255に設定し、完全に透明にするには0に設定できます。

ビデオの再生速度

ビデオの再生速度は、ビデオの現在の速度とビデオの元の速度の比率です。再生速度条件が1より大きい値を返す場合、ビデオは元のビデオよりも速い速度で再生されています。条件が1未満の値を返す場合、元のビデオより遅い速度で再生しています。再生速度のデフォルト値は1です。

ビデオの再生速度を設定するには、再生速度の設定アクションを使用します。デフォルトのレートよりも速いレートでビデオを再生するには、1より大きい値を設定し、遅いレートで再生するには、再生速度を1未満の値に設定します。デフォルトでは、1に設定します

ビデオのループ

ビデオがループされると、ビデオは最後に到達した後、最初から繰り返されます。ビデオがループしているかどうかを確認するには、「Is looped」条件を使用します。ビデオがループされると、対応するアクションが実行されます。

また、「ビデオをループする」アクションを使用してGDevelopでループするビデオを設定し、「はい」を選択することでビデオ再生ループを有効にできます。デフォルトでは、ビデオはループされません。

ビデオのミュート(消音)

ビデオがミュートされると、ゲームから音声は聞こえなくなります。ビデオがミュートされているかどうかを確認するには、「Is muted」条件を使用します。ビデオがミュートされている場合、対応するアクションが実行されます。

「ビデオのミュート」アクションを使用し、「はい」を選択すると、ビデオをミュートできます。デフォルトでは、ビデオはミュートされていません。

ビデオの一時停止

ビデオが一時停止されているかどうかを確認するには、「Is paused」条件を使用します。ビデオが一時停止されている場合、画面が表示されたまま再生が停止されます。

「ビデオの一時停止」アクション を使用してビデオを一時停止できます。デフォルトでは、ビデオは一時停止しています。

ビデオを再生する

ビデオを見るには、まずビデオを再生する必要があります。ビデオが再生されているかどうかを確認するには、「Is played」条件を使用します。ビデオが再生されている場合、対応するアクションが実行されます。

ビデオを開始したり、一時停止後にビデオを再開したりするには、「ビデオを再生」アクションを使用できます。デフォルトでは、ビデオは再生されておらず、再生するにはこのアクションが必要です。

ビデオの音量

GDevelopを使用してビデオの音量を設定することもできます。ビデオの音量を比較するには、「Volume」条件を使用します。ビデオの最大音量は100、最小音量は0(ミュート)です。

ビデオの音量を設定するには、「ボリュームの設定」Set volume条件を使用します。0〜100の任意の数値に設定できます。デフォルトのボリュームは100に設定されています。

ビデオ再生のサンプル