背景オブジェクトの追加

これは プラットフォーム型ゲームの作成のチュートリアルの一部です。 ですが、他のゲームにも参考になります!

今のところ、レベルは派手なものなしで非常にシンプルです。背景にいくつかの画像オブジェクトを追加しましょう。

オブジェクトの作成

背景にオブジェクトを追加するのは本当に簡単です。希望する画像をスプライトに追加して、シーンに配置するだけです。

たとえば、スプライトオブジェクトを作成し、アニメーションを追加し、木の画像を追加します。

このオブジェクトに名前を付けて、雲の画像のように別のオブジェクトを追加することもできます。

シーンにオブジェクトを配置し、Zオーダーを変更します

シーンにオブジェクトを追加すると、プレーヤーがその背後に表示されていることがわかります。

シーン上のすべてのインスタンスには、Zオーダーと呼ばれるプロパティがあります。これは数値であり、Zオーダーの高い(数字の大きい)オブジェクトは、Zオーダーの低いオブジェクトの前に表示されます。Zオーダーには任意の数を指定でき、負の値も指定できます。

ここで、木と雲のZオーダーを変更して負の値に設定すると、プレーヤーキャラクター(Zオーダーが0以上である必要があります)がそれらの前に表示されます。これを行うには、シーン上のインスタンスを選択します。キーボードのSHIFTを押し続けると、複数のオブジェクトを選択できます。

次に、左側のプロパティパネルのZオーダーフィールドの値を変更します。たとえば、-2(または任意の負の数)は、これらのオブジェクトがプレーヤーの背後にあることを示しています。

これで、求めていた視覚的な結果が得られました。

プレビューを実行して、すべてがうまく動作していることを確認してください!

次のステップ:コインの表示とゲットしたコインの表示

プレーヤーに目標を追加しましょう:できるだけ多くのコインを収集します!これを行うには、イベントを使用してプレーヤーのスコアを記憶し、サウンドを再生し、ゲットしたコインを削除します!

➡️ 次のチュートリアルはこちら!