Differences

This shows you the differences between two versions of the page.

Link to this comparison view

Next revision
Previous revision
ja:gdevelop5:tutorials:platformer:part-6 [2020/12/18 09:40]
yu-tang created
ja:gdevelop5:tutorials:platformer:part-6 [2021/01/22 16:53] (current)
yu-tang
Line 67: Line 67:
 続いて、イベントにアクションを追加します。 続いて、イベントにアクションを追加します。
  
-1. イベントに**追加する(角度)**アクションを追加します。(訳注:実際にはこの手前に、新しいイベントを作成して「Slime」オブジェクトの方向変数のテキストが "左" であることをテストする条件の追加が必要と思われる)+1. イベントに**オブジェクト移動する(角度)**アクションを追加します。(訳注:実際にはこの手前に、新しいイベントを作成して「Slime」オブジェクトの方向変数のテキストが "左" であることをテストする条件の追加が必要と思われる)
 2. **オブジェクト**フィールドから「Slime」を選択します。 2. **オブジェクト**フィールドから「Slime」を選択します。
 3. **角度**フィールドに「0」と入力します。 3. **角度**フィールドに「0」と入力します。
Line 125: Line 125:
 ### 敵の方向を変更する ### 敵の方向を変更する
  
-1. イベントに**追加する(角度)**アクションを追加します。(訳注:実際にはこの手前に、新しいイベントを作成して「Slime」オブジェクトの方向変数のテキストが "左" であることをテストする条件の追加が必要と思われる)+1. イベントに**オブジェクト移動する(角度)**アクションを追加します。(訳注:実際にはこの手前に、新しいイベントを作成して「Slime」オブジェクトの方向変数のテキストが "左" であることをテストする条件の追加が必要と思われる)
 2. **オブジェクト**フィールドから「Slime」を選択します。 2. **オブジェクト**フィールドから「Slime」を選択します。
 3. **角度**フィールドに「180」と入力します。 3. **角度**フィールドに「180」と入力します。
Line 153: Line 153:
  
 - 画像にはアセットの「right.png」を指定する - 画像にはアセットの「right.png」を指定する
-- 「Slime」オブジェクトが「右へ」オブジェクトと接触したとき、「方向」変数には "右" を代入する+- 「Slime」オブジェクトが「右へ」オブジェクトと接触したとき、「方向」変数には "右" を代入する
 - **オブジェクトを水平方向に反転させる**アクションの**反転を有効にする**オプションは**いいえ**に設定する - **オブジェクトを水平方向に反転させる**アクションの**反転を有効にする**オプションは**いいえ**に設定する